心の花 10月ブログ

暑さ寒さも彼岸までと言葉の通り過ごしやすい季節となりました。
皆さんいかがお過ごしでしょうか。

1.はじめに
  酷暑だった夏も乗り越え、秋の訪れを身近な木や草花に感じれます。
心の花のスペースの一つの作品にもそのようなこと感じさせるんですよ。
秋色に変化した樹木や枝ですが、松ぼっくりを乾燥させ一粒ずつ取り出し
ボンドで貼り付け、立体的に仕上げた枝の上にカップルの野鳥が仲睦まじく
留まっている姿を貼り絵にしてみました。

  



2.つぎに
  9月14日〜16日、敬老祝賀会を外部からの訪問客を交えて行いました。
「どんぐりころころの会」の皆様は手話をされながらご利用者さんと一緒に童謡などを唄い。
「岱明からお越しいただいた方」は歌謡曲や手品を披露してくださいました。
  幼少期に母親の背中で聴いた童謡に懐かしくて口ずさまれ、懐メロには青春時代を
思い出したりひたられたりでした。

  

  お待ちかね『くす玉割り』を、ご利用者2名の方に代表で割って頂きました。
カウントしながらハラハラドキドキ。大盛況でした。

  
  
  最後はお祝い弁当を食べて皆さんお腹いっぱい胸いっぱいになられていました。


                     
  

3.そのつぎに
  気分を変えて、「バイオリン・ピアノコンサート」を聴きに児童館へ足を運びました。
美しい音色を聴いてついうっとり夢心地になっらり、感動しました。
バイオリンの音に合わせて一緒に鈴も振ってみて気分上々でした。

     
  
  
   


4.最後に
  これから良い季節に恵まれます。色々な出来事に心も体も晴れ晴れな事に出会う事でしょう。
大切な存在である皆さんと過ごす時間を健康管理やけがに気を付けて一分一秒大切に噛みしめていきたいものです。

  

  

担当:藤末