デイサービスセンター月華苑 10月ブログ

はじめに
 秋の夜長をいかがお過ごしでしょうか?
仕事を終え、家事の合間に「ふうーっ」と夜空を見上げると
きらり輝く星たちが皆さんの健康を願いつつ、見守っている
かのように感じます。



皆さんの生きがい、やりがいを奮い起こせればと願い
9月22日 秋分の日=秋彼岸に合わせ「おはぎづくり」を
しました。もち米と小豆は用意を事前に行っていて、それか
らの工程を当日のご利用者の方々と作りました。


1、それぞれのテーブルで代表者が同じテーブルの方の人数
のもち米を丸め、おはぎの土台づくりをされました。


2、それらの土台をもとに、ご自分のおはぎに小豆を包み丸く
おはぎの形にされていきます。「昔は手作りでな〜。(長洲)
祭りでは必ず作りよったな〜」とつぶやきながら作られまし
た。手つきも職員以上で見事な出来栄えでした。


3、自分で作られたおはぎを、とても愛おしく思われたのでしょう。
眺めておられました。


4、では「いただきます。」と言われ、満面の笑みで召し上が
られたのですが、おはぎのお供に漬物があったらな〜っと
こぼされているのも耳にしましたが・・・楽しい雰囲気でした。




 次に、デイサービスも、お陰様で利用者も増え、にぎやか
な毎日を過ごさせていただいております。
 一日の生活を通して、健康と筋力の維持の為にも休養は必要
です。昼食後、口腔ケアを済まされた方から、家庭的雰囲気を
増築した畳の間へ移動し休んでいただいています。
 これまで、布団5枚分しか敷けない状況でしたが、10月
になり増築工事を行い、9枚分確保できるようになり、ゆっくり
としたスペースで安眠されています。昼寝をされない時間は
上がり框部分に腰掛けられ、会話が弾まれていたり、畳の下は
収納の引き戸もつけ、有効的に活用していきたいと思います。



 最後に、毎日の日課として、体操・レクレーションを取り組んで
いますが、脳の活性化の意味でも脳トレを行っています。脳トレ
計算問題、魚がつく漢字の当てっこ などなどですが・・・
今回は質問形式でやってみました。その中で、人生の先輩で
ある皆さんから、心温まる言葉をいただきました。

「(私の)好きな言葉」として多かったのが
1位 「ありがとう」
2位 「感謝」
3位 「幸せ」       などです。

 一番、心にしみた言葉は「デイサービスが、人生の中で一番のやすらぎ」
と言われたことが響きました。



 終わりに 秋の深まる気候の中、お体には十分ご自愛ください。     担当:藤末